auスマートパスに人気ゲームを揃えた「auゲーム」が登場。取り放題ゲーム約500アプリのほか、アイテム課金型アプリではアイテム購入費の10%がポイントとして貯まる

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
auゲームのイメージ
KDDI、沖縄セルラーは21日、月額制のサービス「auスマートパス」において、人気ゲームタイトルを揃えたコーナー「auゲーム」を同日より提供開始すると発表した。

この「auゲーム」は「auスマートパス」内のコーナーの一つで、サイドメニューから手軽に利用できる。取り放題ゲームを約500アプリ用意するほか、アイテム課金型のゲームも揃える。

このアイテム課金型のゲームでは、ゲーム内アイテムを購入した際、購入額の10%が「au WALLET」のWALLETポイントとしてプレゼントされる。そのため、au WALLETの利用者にとってはお得だ。ただし、ポイント還元に対応しているのは一部のアイテム課金型タイトルとなる。

まずは、ミクシィの人気ゲーム「モンスターストライク」、コロプラの「魔法使いと黒猫のウィズ」など17タイトルの提供が予定されている。また、グリー等のパートナー企業各社と新たに共同開発するゲームなども今後登場する予定だ。

さらに、通常は購入額の10%の還元だが、現在は「auゲーム」の提供開始を記念し、ポイント還元率が20%になる「遊んでおトクなポイントキャンペーン」が実施されている。今回のキャンペーンに限らず、今後も何らかのキャンペーンは行われる予定で、WALLETポイントのプレゼントなどがある。また、「auゲーム」ユーザー限定のレアカードの配信なども計画されている。

「auゲーム」の対応機種はAndroid 2.4以降のOSを搭載したauスマートフォンだ。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑