ファーウェイ、SIMフリー、LTE Cate6対応、指紋認証センサー搭載スマホ「Ascend Mate7」を12月に日本で発売

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ファーウェイ・ジャパンは6日、LTEのCategory 6に対応し、下り最大300Mbpsをサポートできる性能を持つAndroidスマートフォン「Ascend Mate7」を日本で12月に発売すると発表した。

Ascend Mate7

Ascend Mate7はSIMロックが掛かっていないSIMフリー端末として販売されるので、通信方式が適合する会社のSIMカードであれば自由に利用できる。日本ではNTTドコモの回線網を使って格安通信サービスを提供するU-NEXTほか、MVNO各社、さらには全国の家電量販店、オンラインショップで販売する。

ファーウェイの日本市場向けSIMフリースマートフォンとしては第三弾になるAscend Mate7だが、約6インチのフルHDディスプレイを搭載しつつ、ベゼルを狭く設計することで、一般的な5.5インチクラスのスマートフォンとボディの高さが同じくらいになっている。

具体的なサイズは約157×81×7.9mmで、重さは約185g。

そして、360度どの方向からでもワンタッチで認識する指紋認証センサーを搭載している。この指紋認証センサーは9.16×9.16mmで、ボディの背面に搭載されている。

OSはAndroid 4.4で、プロセッサはオクタコアのHisilicon Kirin 925 1.8GHz/1.3GHzで、メモリは2GB RAM、16GB ROM、バッテリー容量は4,100mAh、外部メモリはmicroSDで最大32GBまでサポート、メインカメラは約1,300万画素、サブカメラは約500万画素などの仕様だ。

対応する通信方式は下記の通り。

・LTE : B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B19/B20/B40
・WCDMA : B1/B2/B4/B5/B8/B19
・GSM : B2/B4/B5/B8

プロセッサはそれぞれ4つずつのARM Cortex-A15 1.8GHzとCortex-A7 1.3GHzを組み合わせて構成されたオクタコアで、使用しているアプリや機能にあわせて、コアを効率よく稼働させることによって最小限のバッテリー消費で最大限のパフォーマンスを発揮するようになっている。

Ascend Mate7

【情報元、参考リンク】
ファーウェイ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑