ソフトバンク、自宅の屋根を借り、太陽光発電システムを無償設置し、電力を電力会社に売り、その額の一部をユーザーに支払う「おうち発電プロジェクト」を実施へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクモバイルとSBエナジーは12日、共同で「おうち発電プロジェクト」を開始すると発表した。「おうち発電プロジェクト」は、ユーザーの住宅の屋根を借り受け、太陽光発電システムを設置し、そこで発電された電力を電力会社に売電するプロジェクトで、2012年12月21日から2013年3月31日まで、先着1,000棟を募集する。

利用イメージ

借り受けた屋根に設置された太陽光発電システムはソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行うSBエナジーがまとめて管理し、発電した電力は全て電力会社に売電される。これにより、太陽光発電の普及・拡大を図っていく。

ユーザーは負担なしで自宅の屋根に太陽光発電システムを設置できるほか、売電額の一部が支払われるようになっている。さらに、停電時には発電した電気を非常用電源として利用することもできる。

また、20年の契約期間が満了した後は、太陽光発電システムはユーザーに無償譲渡される。

さらに、「おうち発電プロジェクト」に合わせて新たに提供される「モバイルセット割」によって、3年間にわたってソフトバンクモバイルの携帯電話の「ホワイトプラン」基本使用料、「ホワイトBB」の月額使用料、「Yahoo! BB」の月額利用料の割引を受けることもできる。

前述したように、契約期間は20年となり、10年以内に解約した場合には契約解除料(6kW未満の太陽光発電システムの場合で98,000円、6kW以上のシステムの場合で198,000円)が発生するので注意したい。

対象地域は31都府県で、下記の通り。

青森県、秋田県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県

売電額の一部、15%が「発電スポット」利用料として、毎月ユーザーに支払われる。

なお、太陽光発電システムの機器のメーカーはサンテックパワージャパン、シャープのいずれかで、ソフトバンクモバイルが選定する。

申し込みはソフトバンクショップ(一部店舗に限る)か発電スポットサポートセンター(電話番号:0800-888-3377(通話料無料)。午前10時から午後7時)、もしくはソフトバンクモバイルホームページから。

エントリーした後、自宅の図面(コピー)を送付し、設置条件を満たしているかを確認し、適合された場合に契約となる。その後、現地調査、設置工事、系統連系を経て売電契約となる。

太陽光発電モジュール。サンテックパワー製/シャープ製

【情報元、参考リンク】
おうち発電プロジェクトについて
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑