ソニー・エリクソン、Walkmanブランドのスマートフォン「Live with Walkman」を発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
英ソニー・エリクソンは22日(現地時間)、「Walkman」ブランドのスマートフォン「Live with Walkman」を発表した。Live with Walkmanは、OSにAndroid(アンドロイド) 2.3を採用したスマートフォンながら、Walkmanブランドの製品として、「Walkman」専用ボタンが用意され、音楽プレーヤーアプリを素早く起動して音楽を手軽に楽しむことができる。

発売時期は2011年第4四半期(10月~12月)の予定で、一部の国と地域でリリースされる予定。

基本的なハードウェアの仕様は、プロセッサが米Qualcomm製Snapdragon MSM8255 1GHz、内蔵メモリが512MB RAM、ディスプレイが3.2インチ(解像度:480×320)、Wi-FiがIEEE802.11b/g/n準拠、Bluetoothが2.1+EDRに対応などとなっている。カメラは背面と前面に1基ずつ備える。背面メインカメラは約5メガピクセル(オートフォーカス機能付、720pのHD動画撮影に対応)、前面サブカメラは約0.3メガピクセル。

端末のサイズは約106×56×14.2mmで、重さは約115g。内蔵バッテリーの容量は1,200mAh。このバッテリーを搭載した状態で、音楽の連続再生が最大で約17時間30分程度可能。

音楽関係の機能としては、前述したようにWalkmanボタンが搭載され、簡単に音楽再生を楽しめることや、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)との連携などがある。SNSとの連携では、自分の好きな楽曲の情報をFacebookで簡単に投稿・共有することができる。また、同社のスマートフォン「Xperia」シリーズと同様にソフトウェア内に「Infinite」ボタンが用意され、楽曲の関連データを探すことも簡単にできる。DLNA機能やFMラジオ機能も搭載している。


また、ソニーがグローバル展開するエンターテインメント・コンテンツの配信サービス「Qriocity」にも対応する。

端末のカラーラインナップはホワイトとブラックの2色。


【情報元、参考リンク】
ソニー・エリクソン/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑