イオンで日本通信のb-mobile SIMを販売へ。月額980円のコースをはじめ、イオン限定プランを3種類提供

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
日本通信は10日、イオンリテールとの協業により、イオンの実店舗において「b-mobile SIM」のイオン限定プランを提供開始したと発表した。日本通信はMVNOとしてNTTドコモのネットワークを利用した通信サービスを提供している。b-mobile SIMはドコモのネットワークを使ったデータ通信が可能なSIMカード製品で、市販のSIMフリー端末に挿入し、設定することで利用できる。今回同社はイオンリテールとの協業により、3種類の限定プランを用意した。

プランは次の3つ。月額980円のコース、同2,980円のコース、同4,980円のコースだ。それぞれ通信速度が異なっており、いずれもベストエフォート型で、980円の場合が100kbps、2,980円の場合が400kbps、4,980円の場合が具体的数値は未公開ながらMbpsクラスとされている。

イオンの実店舗で購入できるようになることで、ユーザー層の広がりが期待される。また、980円のコースは気軽に加入することができるので、端末を複数台所有している方などにもいいかもしれない。

なお、商品の販売を扱う店舗は当初14店舗からスタートし、順次拡大の予定。店舗のリストは下記ページに記載されている。
http://www.bmobile.ne.jp/personal/shop/aeon.html

【情報元、参考リンク】
日本通信/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑