レッドスター、デュアルコア・スマートフォン「Motorola ATRIX 4G」とタブレット「XOOM」を販売へ。予約受付開始

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
海外メーカー製Android端末や開発機「ODROID」シリーズなどの販売を手がけるレッドスターは1日、米Motorola製のスマートフォン「ATRIX 4G」とタブレット「XOOM」を開発者向けに国内販売することを発表した。同日より予約受付を開始しており、ATRIX 4Gはオプション・アクセサリーである「Laptop Dock」と「Multimedia Dock」も販売する。各製品とも完全予約販売制で、店頭での直接販売は行われない。ただし、法人の場合は指定商社経由での購入も可能だ。

左図:Motorola ATRIX 4G、右図:MOTOROLA XOOM

価格と商品の届け日はATRIX 4Gが94,500円で3月18日以降、XOOMは型番別に異なり、MZ600が115,500円(3月18日以降)、MZ601/MZ603が未定、MZ604が94,500円(4月22日以降)になる。型番による差異は対応ネットワークにあり、MZ600はEVDO Rev.A及びWi-Fi、MZ601/MZ603がGPRS/EDGE Class 12、HSDPA 10.1 Mbps、HSUPA 5.76 Mbps及びWi-Fi、MZ604がWi-Fiのみとなる。Wi-FiはそれぞれIEEE802.11b/g/nをサポート。

また、ARIX 4GにはLaptop DockとMultimedia Dockという特徴的なアクセサリーがあるが、これらの販売も手がける。Laptop DockはノートPCスタイルでARTIX 4Gを使えるようにするもので、Multimedia DockはminiHDMI出力、USBポート、音声出力端子などを備えたドッキングステーション。ATRIX 4Gはスマートフォンをコアとして扱い、これらドッキングステーションを活用することでPCライクで使うことが可能な端末となっている。

Laptop Dockは39,800円、Multimedia Dockは19,800円。

ドッキングステーションの概要は下の動画で把握できる。


支払いは銀行振込みで、保証は初期不良対応及びレッドスターによる1年保証となっている。前述したように、法人の場合は日本電計、富士通マイクロデバイス、菱光社 OA機器販売グループ、カホパーツセンター経由での購入も可能。

なお、ATRIX 4GとXOOMの主な仕様は次の通り(同社プレスリリースより)。

ATRIX 4G

OS:Android 2.2(Froyo)
サイズ:116.8×63.5×10.9mm
本体重量:135g
ディスプレイ:4インチ静電容量式マルチタッチパネル、qHD(960×540)
SoC:NVIDIA Tegra2 AP20H デュアルコア 1GHz
メモリ:1GB
内蔵ストレージ:16GB
外部ストレージ:microSD/microSDHCカード (最大32GB)
カメラ:500万画素(背面)、30万画素(前面)、デジタルズーム、オートフォーカス、LEDフラッシュ、720p動画撮影
連続通話時間:9時間
連続待受時間:350時間
SIM:SIMカードスロット(SIMロックフリー)
3G通信:GSM/EDGE(850/900/1800/1900)、WCDMA(850/1900/2100) HSDPA 14.4Mbps、HSUPA 2.0Mbps
ネットワーク:無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)、Bluetooth 2.1+EDR
外部コネクタ:microUSB2.0、microHDMI1.3a、3.5mmイヤフォンジャック
センサー等:GPS、加速度、電子コンパス、ジャイロスコープ、指紋認証、周囲光、近接
バッテリー:リチウムイオン充電池(1,930mAh)
オプション:Laptop Dock 39,800円(送料税込)、Multimedia Dock 19,800円(送料税込)

XOOM

OS:Android3.0(Honeycomb)
SoC:NVIDIA Tegra2 デュアルコア 1GHz
ディスプレイ:10.1インチ静電容量式マルチタッチパネル、WXGA、1280×800
本体サイズ:167×249×12.9mm
重量:700g
カメラ:500万画素(背面)、200万画素(前面)、オートフォーカス、デジタルズーム、LED補助ライト、動画撮影(720p)3G通信ネット接続時間:最高9時間
無線LANネット接続時間:最高10時間
MP3再生時間:最高3.3日間
連続ビデオ再生時間:最高10時間
スタンバイ時間:最高14日間
SIM:SIMカードスロット(SIMロックフリー)
3G通信:EVDO Rev. A(MZ600のみ)、GPRS/EDGE Class 12、HSDPA 10.1 Mbps、HSUPA 5.76 Mbps(MZ601/MZ603のみ)
内蔵メモリ:32GB
外部ストレージ:microSD/microSDHCカード (最大32GB)
ネットワーク:無線LAN(IEEE802.11b/g/n)、Bluetooth2.1+EDR+HID
外部コネクタ:microUSB2.0、microHDMI1.4(1080p)、3.5ミリイヤフォン端子
センサー等:GPS、ジャイロスコープ、加速度、電子コンパス、周囲光、近接

【情報元、参考リンク】
レッドスター/Motorola ATRIX 4G及びXOOM製品紹介ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑