NTTドコモ向け、Android 2.3スマートフォン「Xperia arc SO-01C」のパンフレット公開。3月以降発売予定

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
24日に開催されるNTTドコモの新モデル発表会で正式にお披露目される予定のソニー・エリクソン製スマートフォン「Xperia arc」だが、すでに製品紹介パンフレットが出回っていることが明らかになっている。twitpicにおいて、@rayox10氏は、立ち寄った家電量販店に早くもパンフレットが置かれていたとして、その写真を公開している。


Xperia arcはすでに海外で正式に発表されていることもあり、端末自体の特徴は広く知れ渡っている。しかし、NTTドコモ向けの仕様、カラーラインナップなど、詳しい情報は24日の発表待ちという状況だ。しかし、パンフレットからある程度の情報が見えてきた。

まず、型番は「SO-01C」。名称は海外モデルと同様「Xperia arc」。発売時期は事前の情報通り3月以降とされている。実際には3月中にリリースされる見込み。

搭載OSはAndroid 2.3、最薄部8.7mmのエレガントなデザインが魅力の一つだ。そして、Xperia arcの最大の特徴は映像面にある。ディスプレイは4.2インチの「Reality Display」。解像度は854×480。外でも明るく見える高精彩液晶を採用している。さらに、モバイルブラビアエンジンの効果で、動画をくっきりと鮮やかな映像として視聴することが可能だ。また、HDMI出力とDLNAをサポートすることで、映像をハイビジョンテレビなどに出力して楽しむことができる(HDMIケーブルは別売り)。

カメラも「Xperia SO-01B」から大きく強化されている。有効画素数は810万画素だが、裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」が採用され、高感度、低ノイズで美しい写真を撮影できるようになった。特に室内など暗い場所での写真撮影が大きく向上し、実用性が増す。

そのほか、FMラジオ機能が搭載されている点も嬉しいところだろう。FM再生中に楽曲情報を入手し、そこからmora touchで購入に移ることなどもできる。

端末のサイズは約125×63×10.9mm(最薄部:約8.7mm)、重さは約118g。カラーラインナップはミッドナイトブルー、ミスティーシルバー、サクラピンクの3色。

24日の詳細発表を待ちたい。

なお、下に掲載したのは海外版モデルの主なスペック。
  • OS:Android 2.3(Gingerbread)
  • CPU:Qualcomm MSM8255 1GHz
  • 内蔵メモリ:512MB
  • 外部メモリ:microSD/microSDHC(最大32GB)(8GBのカード同梱)
  • ディスプレイ:4.2インチ液晶(解像度:854×480)、マルチタッチ対応
  • カメラ:8.1メガピクセルカメラ、720p動画撮影対応、裏面照射型CMOSセンサ Exmor R採用、オートフォーカス、LEDフラッシュ搭載
  • FMラジオ搭載
  • GPS/aGPS搭載
  • HDMI出力搭載
  • Bluetooth:2.1+EDR
  • DLNA対応
  • Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n
  • バッテリー容量:1,500mAh
【情報元、参考リンク】
twitpic/@rayox10
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑