ソフトバンク、シャープ製Androidスマートフォン「GALAPAGOS 005SH」を発表。3D液晶&スライド式QWERTYキーボード搭載

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクモバイルは4日、2010年冬・2011年春の新商品発表会を開催し、Androidを搭載した端末を5機種お披露目した。その中の1機種がシャープ製の「GALAPAGOS 005SH(ガラパゴス)」。同端末はシャープが別途開発している電子書籍端末「GALAPAGOS」と同じブランド名を採用したAndroidスマートフォンで、同日発表された「003SH」の兄弟機種。003SHはストレートタイプ、005SHはスライド式QWERTYキーボードを持つモデルになる。基本的なスペックは両機種ほぼ共通で、特に裸眼立体視が可能な3D液晶を搭載している点やAndroid 2.2を採用した点は全く同じだ。ディスプレイサイズも3.8インチで共通。

発売時期は2011年2月中旬以降を予定。003SHが12月上旬発売であることと比べるとやや遅いリリースだが、QWERTYキーボード搭載タイプが欲しいユーザーにとっては005SHは待つだけの価値があるかもしれない。

003SHと同様にいくつかの3Dコンテンツがプリインストールされる。ゲームではカプコンのバイオハザード ディジェネレーション、魔界村騎士列伝、ロックマン、コナミのモバイル・パワフルプロ野球3D、ガンホーの霊界電話、SILPHEED Alternative、バンダイナムコゲームスの太鼓の達人。3Dムービーもいくつか予告編などが入っている。

ユーザー自らが3Dコンテンツを作成することもできる。2Dで撮った静止画や動画を3Dに変換したり、3D写真撮影機能によって3D写真を撮影したり、といった機能が搭載されているので、8メガピクセルCMOSカメラを使って3D映像を楽しむことが可能。とはいえ、カメラに関しては003SHの方が若干機能が上になる。それでもHD動画撮影機能などにはキチンと対応している。

搭載OSは最新のAndroid 2.2(Froyo)。米Adobe SystemsのFlash Player 10.1にも対応し、Ustreamやニコニコ動画を視聴することもPCと同様に可能。また、国内メーカーならではの対応機能としてワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、デコレメをサポート。003SHと同様に国内フィーチャーフォンで定番の機能が盛り込まれている。

UIも003SHと同じく「TapFlow UI」を採用。タッチ操作やコミュニケーション情報を記憶して、その時に操作したいメニューや見たいコミュニケーション情報が集まる機能が特徴。

カラーバリエーションは3色。リリーホワイト、ブラック、ビビッドピンクの3つ。端末のサイズ、重さは未定。今後具体的な数値が発表される予定。


【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/GALAPAGOS 005SH
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑